眼周りの美容形成

目の下のたるみ取り

施術メニュー

施術1経結膜眼窩脂肪減圧術(目の下のふくらみ脱脂術)

適応症状:目の下のふくらみ、クマ

下まぶたの裏側から眼窩脂肪を取り出す

施術2下眼瞼切開(皮弁法)

適応症状:シワ、たるみ(軽度)

下まつげのすぐ下を切開、余剰皮膚・眼窩脂肪の切除

施術3下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

適応症状:皮膚たるみ(軽~重度)、筋肉のたるみ、脂肪のふくらみ、深いシワ

下まつげのすぐ下を切開、余剰皮膚・眼窩脂肪の切除、眼輪筋の吊り上げ

施術4ハムラ(Hamra)法

適応症状:皮膚たるみ(軽~重度)、筋肉のたるみ、脂肪のふくらみ、深いシワ

下まつげのすぐ下を切開、余剰皮膚の切除、眼輪筋の吊り上げ、眼窩脂肪の固定

料金

メニュー 両眼
経結膜眼窩脂肪減圧術
(目の下のふくらみ脱脂術)
198,000円(税込)
下眼瞼切開(皮弁法) 330,000円(税込)
下眼瞼除皺術(筋皮弁法) 440,000円(税込)
Hamra(ハムラ)法 550,000円(税込)

私たちの脳は、人の顔を見て瞬間的に20代・30代・40代・50代以上と大体判断しますが、その判断基準となるのは目周りの印象であることが多いです。つまり、目の周囲の肌ツヤや目の下のたるみなどです。目の周りにシワが多く、クマ等があると老けて見えてしまうというわけです。

眼窩脂肪減圧術

目の下のふくらみは、眼の周りでクッションの役目をしている眼窩脂肪が、年齢によりぐるっと偏移してきて前に移動(ヘルニア)して前に出っ張ってきます。年齢とともにヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの結合組織が少なくなっていくと目の下の皮膚にハリがなくなり、それを押さえ込むことができず、皮膚内側の脂肪のボリュームがそのまま表面に出てしまいます。つまり、目の下の膨らみはヘルニアしてきた眼窩脂肪そのものなのです。

また、目の下の皮膚は非常に薄いので、年齢により結合組織のボリュームレスによりティアトラフ(tear trough)と言うラインが出やすくなってしまいます。(イメージは、ゴルゴサーティーンに出てくる男の人の目の下から出てる2本の線です。)眼窩脂肪の膨らみと、このティアトラフの凹みで、顔貌がいっきに老けて見えるのです。

これらの治療法としては、凹みにヒアルロン酸やレディエセを注入すると言うフィラー(注射)を使っての簡単な方法もありますが、結局それが吸収されると半年から1年に1度のメンテナンスが必要となり、ある程度脂肪の量が多くなると、それだけでは隠しきれなくなってしまいます。

そこで、根本的な治療として膨らみの原因になっている眼窩脂肪を取り除くという施術が最適と言えます。この手術を一度行えば、ほぼ永久的に再手術を必要としません。

凹みに関してはフィラーでなんとかなりますが、膨らみに関してはお化粧で隠すこともできないので、ヘルニアで前に突出してしまった眼窩脂肪については「突出してしまった量に関してはしっかりとる」ことが最適と考えます。

他院で眼窩脂肪脱脂術をしたにもかかわらず、やっぱり三日月形の膨らみが気になると言う方も来院されますので、とりあえずヘルニアしてしまったものに関しては、しっかり取り出すことが肝心だと当院は考えます。

施術1経結膜下眼瞼眼窩脂肪減圧術(目の下のふくらみ脱脂術)

下まぶたの裏側(あっかんべーをした下眼瞼)から眼窩脂肪を取り出します。皮膚を傷つけることなく改善でき、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施術です。

適応症状
  • 目の下のふくらみ、クマ
メリット
術後の腫れが少なく、皮膚表面に傷が残らない
デメリット
術後にシワが目立つ事がある、
皮膚のたるみは適応外、小ジワ(ちりめんジワ)は改善しない

一般的に目の下のクマと言うものには大雑把に分けて3種類位に分類することができます。

  1. ふくらみによるクマ
  2. 茶色いクマ(色素沈着)
  3. 赤紫のクマ(眼輪筋の血管が透けて見える)
1.ふくらみによるクマ

この治療法は、経結膜的(あっかんべーをした下眼瞼から)に切開を入れて膨らみの原因になっている眼窩脂肪を取り除くという施術です。皮膚を傷つけることなく改善でき、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施術です。

また、結果凹んだ分に関しては、「レディエセ+EGF」や「ヒアルロン酸+EGFの注入」などで手直しをすると言うやり方が最適な手術法と考えます。この時、目の下の凹みのみならず、ミッドフェイスの凹み、つまりティアトラフのお直し(ミッドフェイスリフト)も一緒にやりますので、顔全体的にはミッドフェイスが膨らんだ若々しい顔になります。ミッドフェイスにかけてヒアルロン酸やEGFが注入されますので、ボリュームアップはもちろん、その部分の肌も艶やかになり、キメ、ハリも出てきます。

また当院の脱脂術に関しましては、メスを使わずCO2ガスレーザーとバイポーラーのみで施術をしますので、患者様が最も気にされる術後の内出血等はほとんどございません。下眼瞼脱出術で内出血しますと、1ヵ月ほど青タンが続く場合もございますので、CO2ガスレーザーとバイポーラでの施術が、内出血が少なく最も適していると考えております。

下眼瞼をCO2ガスレーザーで出血した傷跡については縫合せず、大体33~4日で閉じていきますので、ご自宅で内服、点眼、軟膏での処置で経過を見ることができます。

当院での施術は内出血が少なく、ほとんど腫れることもございません。キシロカイン麻酔を使いますので、痛みはほとんどありませんが、脂肪引っ張るときだけ少し刺激感があるようなので、そういうものに対して不安とかある方については静脈麻酔をいたします。他の施術は静脈麻酔代が、44,000円(税込)が別途必要となりますが、この施術については静脈麻酔込みの価格になりますので、そういう方はお申し付けください。

CO2ガスレーザーで切開する場所が術後きれいな涙袋となりますので(最終的には消えますが)、さらに若々しい顔貌となります。

【施術例】手術1週間後の抜糸の際の写真です。





当院での脂肪減圧術では、以下のような目周りのレジュビネーション(若返り)が実現します。

  • ■ 目の下の膨らみを除去
  • ■ 目の下の凹みをフィラーでお直し
  • ■ ミッドフェイスリフト(ボリュームアップ)
  • ■ ミッドフェイスのレジュビネーション(皮膚が艶やかに)
  • ■ 涙袋の形成(最終的に消えます)
皮膚を切らない経結膜眼窩脂肪減圧術 198,000円(税込)
経結膜眼窩脂肪減圧術後の下眼瞼整形術
レディエセ、リデンシテイー、ヒアルロン酸、EGF等の注入
132,000円(税込)
2.茶色いクマ(色素沈着)

目の下の茶クマについては色素沈着によるものなので、ハイドロキノン(自宅治療)を塗る治療や、ピコレーザー、ルートロピールレーザーで色素を取る治療、トラネキサム酸の内服治療などがございます。

3.赤紫のクマ(眼輪筋の血管が透けて見える)

赤または紫クマは血管が透けて見えるクマなのでフィラーで隠すしかありません。レディエッセ+EGF注入、またはヒアルロン酸+EGFの注入がおすすめです。

経結膜下眼瞼眼窩脂肪減圧術のダウンタイム・経過について

ダウンタイム(腫れ)
3〜14日間、下まぶたから目の周囲が腫れる可能性があります。白目に腫れが出ると白目を覆っている膜がゼリー状に膨らむことがありますが、通常1~2週間で消失します(稀に3ヶ月程続くこともあります。) 内出血や感染症になった場合は腫れが長引く事もあります。
内出血
注射針があたる、又は手術操作によって細い血管が傷ついた場合、皮膚下で出血し、下まぶたから目の周囲が紫色になることがありますが1〜2週間で消失します。また、白目に内出血があると一部赤く見えることがあります、こちらも1~2週間で消失します。
抜糸
瞼の裏(あっかんべーをした下眼瞼側)で縫合しますので抜糸はありません。
通院
無し
コンタクトレンズ
翌日から使用可能ですが、ゴロゴロする等の違和感がある時は使用を中止して下さい。
メイク
手術当日から可能です。
洗顔
基本的に翌日から可能です。
入浴・シャワー浴
翌日から可能です。
完成
約3ヶ月
術後経過

手術後は腫れや浮腫みがありますが、時間が経過するにつれてご希望通りに落ち着きますのでご安心ください。

左右差

腫れ・浮腫みにより、一時的に左右差が生じることがあります。

加齢による変化
手術後も、しわ・たるみ・膨らみなどの加齢による変化は引き続き起こります。

※上記には個人差があります。

手術後に起こりうるトラブル

  • ■ 膨らみが残る
  • ■ 下まぶたが凹み過ぎたと感じる
  • ■ 膨らみや凹み具合の左右差
  • ■ 若返り効果の物足りなさ
  • ■ 小じわ、しわ、たるみが残る、または増加する
  • ■ 目のチクチク感
  • ■ 目が小さく感じる
  • ■ 感染(化膿する)
  • ■ 血が溜まる
  • ■ 傷が開く
  • ■ 白目や角膜の損傷
  • ■ 眼球の火傷
  • ■ 視野障害
  • ■ 失明

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

喫煙について

喫煙は血液の循環が悪くなるため傷の治りが遅くなったり細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。 術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

経結膜下眼瞼眼窩脂肪減圧術のよくある質問

目の下のたるみがどのような状態の人に向いていますか?
し下まぶたのふくらみが気になる方に適した術式になります。
しわだけが気になる、下まぶたのしわとたるみ両方が気になる、眼窩脂肪の突出によりその下が逆にくぼんで目立つ等、それぞれに違う方法をご提案させていただきますので、カウンセリング時にご相談ください。
腫れはありますか?
腫れは少なく2~3日間むくんだような感じになりますが、内出血が起きた場合には10日ほど残ることがあります。
痛みはどのくらいですか?
点眼の予備麻酔を行った上で極細の注射針で局所麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じることはありません。特に痛みに敏感な方でご希望のある場合には眠っている間に終了する静脈麻酔もお選びいただけます。術後も強い痛みはなく、お渡しする鎮痛剤で十分カバーできる程度です。
傷は出来ますか?
結膜側(あっかんべーをした下眼瞼)から脂肪のみを摘出しますので皮膚には傷がつきません。腫れも少なく、2~3日少しむくんだような感じがするだけです。
脂肪を取ったらたるみもとれますか?
皮膚や筋肉への処置は行いませんので、たるみが変化することはありません。ただ、眼窩脂肪の突出がたるみのように見える場合には、術後たるみが取れたように見えることもあります。
脂肪を取ったらしわは増えませんか?
太った人が痩せるとしわが増えるように、40代後半~の方の場合は多少ですがしわが増える可能性があります。この場合は、皮膚側を切開して皮膚や筋肉を引き上げる必要が生じます。40歳前後の方においてはしわが増えるご心配はほとんどありません。
ダウンタイムはどのくらいですか?
皮膚を切開しないため、腫れが少なく2~3日間むくんだような感じになります。
内出血が起きた場合には10日前後コンシーラなどでカバーしていただく必要があります。

施術2下眼瞼切開(皮弁法)

下まつげのすぐ下を切開し、たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除した後、余剰皮膚を切除します。 切開部を縫合して終了です。

適応症状
  • シワ・たるみ(軽度)
メリット
術後の腫れが少ない
デメリット
重度のたるみには効果が弱い、小ジワ(ちりめんジワ)は改善しない

施術3下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

下まつげのすぐ下を切開して、たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除し、眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出して頬骨の骨膜に固定します。余剰皮膚を切除した後、切開部を縫合して終了です。

適応症状
  • 皮膚たるみ(軽~重度)、筋肉のたるみ、脂肪のふくらみ、深いシワ
メリット
たるみ・目袋・シワをトータルに改善
デメリット
術後の腫れ・赤みがある、小ジワ(ちりめんジワ)は改善しない

施術4ハムラ(Hamra)法

下まつげのすぐ下を切開し眼窩隔膜より下方にはみ出してくる分だけ眼窩脂肪を切除します。目の下のくぼみを埋めるように眼窩隔膜と脂肪を移動し、眼窩隔膜を骨膜に固定します。 次に、眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定します。余剰皮膚を切除した後、切開部を縫合して終了です。

適応症状
  • 皮膚たるみ(軽~重度)、筋肉のたるみ、脂肪のふくらみ、深いシワ
メリット
たるみ・目袋・シワをトータルに改善
眼窩脂肪の切除は最小限にとどめるため凹みの心配がない
デメリット
術後の腫れ・赤みがある、小ジワ(ちりめんジワ)は改善しない

こちらの患者様の「after」は、いずれも手術1週間後の抜糸の際の写真です。
CO2ガスレーザーを使っているので出血や腫れがほとんどありません。









下眼瞼切開術、下眼瞼除皺術、ハムラ法のダウンタイム・術後経過について

ダウンタイム(腫れ)
約3〜14日間、下まぶたから目の周囲が腫れる可能性があります。白目が腫れると白目を覆っている膜がゼリー状に膨らむことがありますが通常1〜2週間で消失します(稀に3ヶ月程続くこともあります。) 内出血や感染症になった場合は腫れが長引く事もあります。
内出血
注射針が当たるか手術操作によって細い血管が傷ついた場合、皮膚下で出血し下まぶたから目の周囲が紫色になりますが1〜2週間で消失します。 白目に内出血があると白目の一部が赤く見えますが、こちらも1〜2週間で消失します。
抜糸
5〜7日目
通院
5〜7日目
コンタクトレンズ
翌日から使用可能ですがゴロゴロする等の違和感がある時は使用を中止して下さい。
メイク
アイメイクは抜糸の翌日から、その他の部分は手術翌日から可能です。
洗顔
基本的に翌日から可能です。創部は強く擦らない様にしてください。
入浴・シャワー浴
翌日から可能です。
完成
約3〜4ヶ月
術後経過

手術後は腫れ・浮腫みがあり、ご希望と異なると感じることがありますが、しばらくお待ち頂くことで落ち着きますのでご安心ください。

まぶた
  • 腫れ・むくみにより、一時的に膨らみや凹みの左右差が生じることがあります。
  • 下まぶたのゆるみ防止のために行う固定により、目尻部分が横に引っ張られ、目元が突っ張った状態になる事がありますが、術後1ヶ月程で徐々に改善されます。
視界
まれに視界がぼやける時期があります。角膜の腫れの影響と考えられますので、腫れが落ち着くと共に改善されます。
傷の赤みは数ヶ月かけて薄茶色から白っぽい線へと変化し改善します。
加齢による変化
手術後も、しわ、たるみ、膨らみなど、加齢による変化は引き続き起こります。

※上記には個人差があります。

下眼瞼切開術/下眼瞼除皺術/ハムラ法の手術後に起こりうるトラブル

  • ■ 白目の腫れ(浮腫)
  • ■ 膨らみが残る
  • ■ 下まぶたが凹み過ぎたと感じる
  • ■ 下まぶたの外反(下まぶたが外側に反った状態)や下三白眼(黒目の下の白目が見える)
  • ■ たるみが残る
  • ■ 細かいしわが残る、または小じわの増加
  • ■ 膨らみや凹み、たるみ具合の左右差
  • ■ 目の下に凹みができる
  • ■ 傷の凹みや段差
  • ■ 涙が溜まりやすくなる
  • ■ 若返り効果の物足りなさ
  • ■ 中縫いの糸が出てくる
  • ■ 目尻が突っ張る
  • ■ 涙袋の左右差
  • ■ 目が小さく感じる
  • ■ 感染(化膿する)
  • ■ 血が溜まる
  • ■ 傷が開く
  • ■ 白目や角膜の損傷
  • ■ 眼球の火傷
  • ■ 視野障害
  • ■ 失明

※トラブルが生じた場合、適宜対応いたします。

喫煙について

喫煙は血液の循環が悪くなるため傷の治りが遅くなったり、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をお願い致します。

下眼瞼切開術/下眼瞼除皺術/ハムラ法のよくある質問

目の下のたるみがどのような状態の人に向いていますか?
しわのみが気になる方や、下まぶたのしわとたるみの両方が気になる方に適した術式になります。
下まぶたのふくらみが気になるや、眼窩脂肪の突出によりその下が逆にくぼんで目立つ方にはそれぞれ違う方法をご提案させていただきます。カウンセリング時にご相談ください。
腫れはありますか?
下まぶたは、上まぶたよりも腫れが少ない部位です。術後5日目に抜糸をしますが、1週間程度むくんだような感じがします。
痛みはどのくらいですか?
点眼の予備麻酔を行った上で極細の注射針で局所麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じることはありません。特に痛みに敏感な方でご希望のある場合には眠っている間に終了する静脈麻酔もお選びいただけます。術後も強い痛みはなく、お渡しする鎮痛剤で十分カバーできる程度です。
傷跡はどこにつきますか?目立ちますか?
脂肪のみ取る場合は、結膜側(あっかんべーをした下眼瞼)から行いますので皮膚に傷がつかないのですが、皮膚や筋肉のたるみがある場合は下まつ毛生え際ギリギリを切開し細かく丁寧に縫合します。抜糸後には赤味がありますがメイクで十分カバーできる程度です。3~6ヶ月ほどでほとんど分からなくなります。
下まぶたのたるみが気になっています。皮膚だけを取る手術なのですか?
眼輪筋のたるみもある場合は、その原因となっている余った皮膚を取り除き、皮膚と筋肉を斜め上方に引き上げてたるみを改善します。その際に脂肪があれば同時に脱脂します。加齢により張りをなくした皮膚(しわ)と眼輪筋のたるみを同時に改善する方法です。
一度手術をしたらもうたるみませんか?
手術でたるみを取ることにより、若く見える効果は期待できます。しかし、残念ながら老化を止めることはできません。「今までのたるみをいったんリセットする」と考えて頂く方が良いと思います。手術を受けなかった場合と10年後を比較すると、明らかに違いが出てくると言われています。
ダウンタイムはどのくらいですか?
腫れや下まぶたの違和感・内出血など、術後約1週間程度で落ち着いていきます(個人差があります)。なお、腫れなどをできる限り防ぐために、術後2~3日は肌色テープを利用して固定を行います。

下眼瞼クマ取り術の同意書

目の下の目袋、たるみ、シワ、クマを取る手術について

①経結膜脱脂 ②下眼瞼徐皺術 ③ハムラ法

①あっかんべーの裏側から、結膜を切開し余分な脂肪を切除します。

②下瞼のまつ毛の下から切開し、余分な眼窩脂肪を切除し、眼輪筋を縫い付け、余った皮膚を切除します。

③下瞼のまつ毛の下から切開し、余分な眼窩脂肪を頬の凹み部分に移動し、たるみと凹みを解消させます。また眼輪筋を縫い付け、余った皮膚を切除します。

術後、合併症として以下のことが起こる可能性があります。
○内出血や腫れ、稀に血腫
○疼痛や熱感
○多少の段差(術後ヒアルロン酸等で調整できる)
○多少の左右差
○感染症
○かすみ目
○稀に外反
○非常に稀に神経麻痺
○多少のたるみやシワが残る

上記、施術を受ける方は、手術の内容について十分に説明を受け、起こり得る合併症についても理解して、この施術を受けることに同意したものとみなします。

横浜六浦院

〒236-0031
横浜市金沢区六浦5-1-11 六浦ビル 2階

045-782-8457

045-353-9880

横浜六浦院

川崎院

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町8番地
川崎ダイスビル 3F

044-200-4697

川崎院