診療内容

甲状腺機能亢進症(バセドウ病眼症)

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られる状態である甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気です。眼の周りにある脂肪や眼球を動かす筋肉や眼瞼を挙げる筋肉に炎症を起こします。炎症により眼球後方の脂肪が増えると眼が突出したりします(眼球突出)。甲状腺眼症は甲状腺機能が正常であっても起こります。内科治療でホルモン異常が治ると、眼の合併症も治ると考えがちですが、実はそれは誤りです。甲状腺ホルモンと「眼の合併症」は別物で、それぞれの治療が必要です。

症状

甲状腺が腫れます。また甲状腺ホルモンの分泌量が多くなることで以下のような症状が現れることがあります。

  • 眼が動かし難い・眼を動かすと痛い、突っ張る
  • 物が二つに見える
  • 眼が出てきた
  • 眼が見開いている・目が閉じにくい
  • まぶたが内向きになり、まつ毛が目に当たる

治療

原因となっている病気があればそれを優先して治療する必要があります。甲状腺ホルモンを抑えるには薬物療法、ラジオアイソトープ療法、手術などがあります。症状が落ちついても、なお眼球の突出、斜視や眼瞼(まぶた)などの障害が残れば、手術で矯正します。

横浜六浦院

〒236-0031
横浜市金沢区六浦5-1-11 六浦ビル 2階

045-782-8457

045-353-9880

横浜六浦院

川崎院

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町8番地
川崎ダイスビル 3F

044-200-4697

川崎院